フローリング補修の方法について

フローリングの材質は木でできているため、重い物を落としてしまったり、家具を引きずってしまうとすぐにキズが出来てしまいます。

フローリングは全面的な張り替えだけでなく、部分的に張り替えることが可能です。
しかし同じ色や種類の張り替え素材を探すには手間もかかり、同じ素材が見つかったとしても、購入したばかりの新品と使い込んで時間が経過した素材とでは色が異なります。

小さなキズでもフローリングの場所によっては目立ってしまいますが、わざわざ業者を呼ぶほどのキズではない場合は自分でそれらのキズを目立たないようにフローリング補修(リペア)を行う方法が存在します。

こすれて付いたような小さいキズを修繕するには、ホームセンターなどで購入できる専用の補修材が手軽に利用できるのでおすすめです。



クレヨン状の補修材をキズに擦り込み、平らに慣らすだけでキズを隠す事ができます。

人には聞けない珍しい共同通信社の情報はここで調べよう。

木目の色に合わせて色を調節したり、木目が途切れないように付け足す事で、より自然な仕上がりになります。


大きなキズや穴が開いた場合は、パテなどで修繕する必要があり、小さなキズと違って少し手間がかかります。
自分で直すのが難しいと感じた場合は、費用はかかりますがプロの業者に頼むのも手段の一つです。

プロの業者は一日で5ヶ所から10ヶ所程度同時に修繕できるので、キズがいくつもある場合、まとめて依頼しましょう。
仕上がりは非常に綺麗で、キズのあった場所がわからない程の完成度が期待できます。



Copyright (C) 2016 フローリング補修の方法について All Rights Reserved.