傷ついたフローリング、補修の方法とは

どんなに気をつけていても、うっかりフローリングに傷をつけてしまうことがあります。

重さのあるものを落としたり、家具の移動の際に擦ってしまったなど、フローリングを傷めてしまったのなら、補修が必要です。
小さなキズなどであれば、自分で直す方もいらっしゃいます。
ホームセンターなどには、フローリング補修のための様々な製品がそろっています。

多くは、削れている部分に塗ることで、傷を目立たなくしたり、というペイント剤などです。


小さな削れ跡は、引っかき傷のくぼみなどであれば、この方法でも、かなり目立たない状態にすることが可能です。傷が多い、あるいは大きくくぼんだり、変形しているという場合は、専門業者に依頼したほうが、安心でしょう。



とくに、賃貸物件の場合は、自己流で直してトラブルになってしまうと、原状回復が難しくなってしまうかもしれません。

札幌のフローリング補修といえばこちらのサイトです。

大きな傷や、汚れなどについては、まず大家さんか管理会社に、相談することが必要です。


専門業者に依頼するかどうかも、話し合いの上で決めましょう。
専門業者によるフローリング補修は、規模にもよりますが、一日で完了してくれる会社もあります。

傷ついた部分を直し、綺麗にした上で、劣化を防ぐコーティングなどを、行っているところもあり、床の耐久性が気になる、という方にもおすすめです。

All Aboutといえばこちらです。

こうした専門業者の多くは、公式サイト上で、見積もりの申し込みを受け付けています。


興味のある方は、まずはどの位費用がかかるか、調べてみるのも良いでしょう。

Copyright (C) 2016 傷ついたフローリング、補修の方法とは All Rights Reserved.